「結婚式」聞いて、愛する人間との素晴らしいライフスタイルを思い浮かべるか、生活費や親せき交流などの煩わしさを思い浮かべるか、すごく2つに分かれるとおもうが、俺は後者であった。
 それゆえ、結婚式などすまいと考えていたのだが、いま結婚式ライフスタイル10年を超えた。
 俺が結婚式を決めたのは、人間生投げやりになっていたときに、運よくお交流をしていて、これまた運よく結婚する流れができたからですが、まったくもって幸運に乗っただけなので、誰の参考にもならない。
 しかし、結婚式なんてしないと考えていたはずの俺がなぜ踏み切ったのかというと、自分に生き方に問い合わせを保ち、どうやって生きていこうか悩んでいたときにきた流れに乗ってみた。どうせ飽きくさい私のことだから、すぐに離れるだろう。ならば一度ぐらい結婚式ライフスタイルというものを心がけるか、とかなり適当に考えたのだ。
 それが、まあどうにかこうにか情勢を維持している。
 そういった適当な結婚式が永続するはずがない。近隣から見ていたら私もそうおもうだろう。
 俺はどうやってきたのか。熱い熱い愛や恋心がなかった分、あちらを尊重するようにしてきた。世帯と言うよりは同居人間にほど近いかもしれない。建物を経営する友達とも当てはまるだろう。いわゆる夫妻紛争はそんなにしてこなかった。相互が紛争やバトル事が好きではないということもある。外からみると、なぜ家でそんなに気を遣うのかと思われるような距離でずっと生活している。
 やはり、籍を入れたとはいえ、以外人間ですことには錯覚なのである。思えば、俺は友人間ともそういう交流方をしてきた。「殴り合いの紛争ができなければ夫妻じゃない」と言っていた知力人間がいたが、そう言う人間からは信じられない結婚式ライフスタイルだろう。
 でも、人間が銘々違うように、結婚式もそれぞれがやりやすいように築いて行くもののように感じる。
 この先どれくらい続けていけるかはわからないが。マッチブックの口コミが気になりました。